▲ PEGE TOP

残業代請求相談

弁護士以外の士業と弁護士の比較

必要な法律知識

残業代請求には、専門的な法律知識が必要となります。
弁護士の他に司法書士や行政書士、社会保険労務士も残業代請求の事件を取り扱いますが、それぞれ扱える業務範囲には制約があります。また、労働審判や140万円を超える額の訴訟で代理人になることができるのは弁護士だけです。

他の士業と弁護士の違い

司法書士との違い

司法書士は、残業代請求に関する様々な資料の作成や手続きの代理を行います。
残業代請求に必要な提出書類の作成の代行を行いますので、依頼者のサポートとしての立場で残業代請求を助けます。
司法書士は内容証明作成代行、会社への請求額が140万円以下であれば簡易裁判所で依頼者の代理人として裁判をする事もできます(簡裁の代理人等は認定司法書士に限ります)が、それ以上の金額となると弁護士しか対応ができなくなります。

行政書士との違い

行政書士は、役所に提出する許認可などの申請書類の作成、および役所への提出代理、事実証明や契約書の作成などを行います。
残業代請求においては内容証明の作成を行いますが、弁護士や司法書士のように依頼者の代理人として裁判へ出る事はできません。

社会保険労務士との違い

社会保険労務士は、労働や社会保険に関する法律や、人事・労務管理の専門家です。 残業代請求においては書類の作成や諸手続のサポートを行いますが、会社との交渉や、裁判に代理人として出る事はできません。

違いについてのまとめ
違いについてのまとめ

*1 交渉の代理、裁判の代理(簡易裁判所)が出来るのは、司法書士の中でも認定司法書士のみとなります。

弁護士の特徴

弁護士は、残業代請求についての法的なアドバイスから法的書類の作成、会社との交渉、訴訟(場合によっては強制執行)に至るまでを全て行うことができます。
弁護士は残業代請求に関する一連を全て行うことが出来ますので、解決までスムーズに進めることが出来ます。残業代請求をお考えの方は、是非当事務所にご依頼下さい。