▲ PEGE TOP

借金問題

過払いとは?

過払いとは、金融機関に払い過ぎたお金の事です。あなたは金利15%以上払っていませんか?過払い金とは、債務者が消費者金融会社等の貸金業者に余分に返済しすぎたお金のことです。100万円以上お借り入れの場合、15%以上の金利を払う必要はありません。 貸金業者と取引のある方は過払い金や減額が可能と思われます。債務者が消費者金融等の貸金業者から、利息制限法の利率を越える金利で借り入れをしている場合には、本来であれば支払う必要のないお金ですので過払い金の返還請求ができるわけです。

過払いとは

上記表のグレーゾーン金利以上で過去にお支払いのある方は、減額あるいは、過払いがあります。グレーゾーン金利とは、利息制限法で決められた金利と、犯罪として罰せられる出資法の29.2%の間をいいます。完済された方も、完済後10年が経過していなければ過払い金返還請求はできます。たとえ、完済後10年以上経過しても、10年以内に新規取引があれば、過去完済分も過払いの対象となります。この場合ほとんど過払い金が返還されます。

過払いが発生する理由

消費者金融の広告などを見て皆様は29.2%以下という数字をよく覚えているでしょう。
ここで簡単に説明させていただくと、本来100万円以上の場合、法に定められている金利は15%以内です。しかし消費者金融は29.2%の金利での営業がほとんどです。これは、法律に定められているだけで、罰則がないからです。(逮捕されない)仮に、29.2%以上を取れば出資法で法律違反となります。その盲点をつき今までの金融会社は、大手金融会社にも関わらず、利息制限法に違反した営業をしてきました。しかし、平成18年度の法改正により今までのグレーゾーン部分の支払い分を廃止し、余計に取りすぎた過払い金をお客様の元に返還しなくてはならなくなりました。下記でいくつかの事例をご紹介致します。

過払いとなる金利

ケース1

債権者 借入期間 手続き前の借金額 過払い金(返金額)
A社 昭和60年~平成22年2月 0 \7,200,000
B社 平成10年~平成22年1月 0 \2,180,000

ケース2

債権者 借入期間 手続き前の借金額 過払い金(返金額)
A社 平成10年~ \499,800 \620,000
B社 平成10年~ \998,700 \1,050,000
C社 平成11年~ \290,000 \380,000
D社 平成12年~ \497,000 \500,000
E社 平成12年~平成22年3月 \0 \1,450,000

ケース3

債権者 借入期間 手続き前の借金額 残金
A社 平成15年~ \499,000 \80,000
B社 平成15年~ \200,000 \49,000
C社 平成16年~ \180,000 \40,000
D社 平成16年~ \499,990 \0
E社 平成16年~ \298,700 \30,000
F社 平成17年~ \320,000 \140,000
G社 平成17年~ \499,000 \320,000
H社 平成17年~ \50,000 過 \10,000-

※消費者金融で利率は25%~28%。月々約11万円を返済していました。
過払い請求後は借金はゼロになり、さらに過払い金が発生し、お手元にお金が戻ってきました。